気になる!みんなの結婚式のお呼ばれ服は?

披露宴出席者の装い、女性の場合は?

格調高い披露宴での女性の装いは、決まりがあるので注意が必要です。未婚女性の和服の正装は、本振り袖か、中振り袖です。本振り袖には、黒本振り袖と色本振り袖がありますが、黒本振り袖は正式な花嫁衣裳ですので、新婦以外が着るのはマナー違反です。既婚女性の和服の正装は、留め袖か、訪問着です。留め袖には、黒留め袖と色留め袖がありますが、どちらも格は同じです。洋装の場合は、未婚・既婚による違いはありませんが、新婦より目立たないよう心がけましょう。昼はアフタヌーンドレスや胸元の開いていないワンピース、ソフトな雰囲気のスーツなど、夕方以降は、イブニングドレスや、カクテルドレス、ロングドレスが良いでしょう。気軽な披露宴での装いは、和装なら訪問着、洋装では、昼間はセミアフタヌーンドレス、夕方以降は、カクテルドレスになります。「平服で」という指示がある場合は、和装は略礼服、洋装はスーツかファンシードレスにします。

披露宴出席者の装い、男性の場合は?

格調高い披露宴での男性の装いは、黒羽二重の染め抜き五つ紋付きに、仙台平の馬乗り袴ですが、最近では、色物の紋付も増えています。洋装の場合は、昼間は、黒の上着と、細い白襟をつけた黒いベスト、黒とグレーの縦縞のスラックスを組み合わせたモーニングコートが原則です。ネクタイは白黒の縞かチェック、カウスは真珠、胸ポケットに白かシルバーグレーの麻か絹のポケットチーフを飾ります。夕方以降の正装は、燕尾服が正式ですが、最近ではタキシードの方も増えています。正式なタキシードは黒で、フリルなどのついたドレスシャツに黒の蝶ネクタイ、ベストかサテンのカマーバンドを組み合わせます。気軽な披露宴での装いは、ブラックスーツが昼夜関係なく着られます。シングルとダブルがありますので、体格や好みに合わせて選びます。シャツは白が無難です。また、ブラックスーツの上着に縦縞のスラックスを合わせると、フォーマルな感じが増します。